menu

エコリフォームその3 (YKK製 プラマードU:内窓 ・日本板硝子:真空ガラススペーシア編)

今回の工事は、防犯性、断熱性を上げるのがメインの
内窓工事と真空ガラススペーシア(日本板硝子)の工事となります。
内窓の取付けが困難な場所のみ真空ガラススペーシア
を施工致しました。
内窓のメーカーはお客様のご希望に応じYKKの
プラマードUを使用致しました。
当社は、お客様の全てのご期待に備えるよう全メーカーの
取扱いを行っております。その他(LIXIL様、三協立山アルミ、
大信工業、旭硝子、セイキ販売、ウッドワン)等もございます。
施工前① :2枚建引違窓

施工後①

YKKのステッカーを取れば終了です。

施工前:真ん中固定窓、両サイド引違窓2か所

施工後:真ん中固定窓、左右1/4引戸のところは
風を通す為、4枚引違い窓を施工致しました。

施工前④真空ガラススペーシア

施工後④真空ガラススペーシア

コーキング納まりとなっております。

綺麗にはまりました。これでお風呂場も
暖かくなること間違いなしとなります
右のポッチがあることが写真で分かる
真空ガラスの目印となっております。

扉:施工前⑤

扉:施工後⑤

真空ガラスを入れても何も違和感なく断熱、防音性
UPとなります。
施工前:小窓⑥

施工後:小窓⑥

やはり、右のポッチが真空ガラスの特徴となります。

施工前⑦:2枚建て引違い掃出し窓

施工後⑦:二枚建て引違窓でしたが手間の内窓は
お客様と打ち合わせをし4枚建て引違いの内窓を設置
致しました。
障子幅が長ければ長いほど樹脂性戸車に荷重がかかり
開けたてに重くなったり、メンテナンスも早くなります。
手前の内窓を4枚建て引違いにすることにより、戸も軽く
なり、長い目で長持ち致しますのでお勧めさせて頂きました。

住宅ストック循環支援事業の補助金対象の工事となりました。
当社は国の登録事業者ですので、申請事業をお手伝いすることが
可能ですので、是非お問い合わせ頂ければ嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。